この記事へのコメント
日本の司法(特に国・大企業相手の民事)は
依然構造的に全く健全に機能していないと思います。
部分的な局所的な刹那的な良心に頼らざるを得ないような
公平性は、根本の解決にならないと思います。

「司法官僚」「ヒラメ裁判官」「最高裁事務総局」
でググればわかるように
日本は欧米に比べ、裁判官人事が非常に閉鎖的で
一部の官僚に掌握され、国民の素朴な納得から
遊離した「司法の内輪だけでしか通用しない常識」を
上命下服で押し付ける場に成り下がっている構造的な
問題が以前より指摘されています。

最近憲法改革が国民的議論になっていますが
むしろ日本国民はもっと裁判官人事をはじめとした
【司法改革】にこそ目を向けるだと思います。
国・大企業の横暴の全てを支えている門番こそは
日本の司法制度です。
裁判官人事を欧米並みに民主化し、
民事裁判にこそ裁判員制度を導入し、
また欧米に類を見ないような言葉遊びに過ぎない
日本の科挙的登用制度を、構造的に根本から是正する意識を
国民全体が持つべきだと思います。
Posted by xyz at 2014年05月26日 02:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック